お知らせ

森の劇場から 7/25 ~演劇はこころのたべもの~

しいの実シアターの様子やあしぶえの活動などを写真とともにお届けします。


しいの実シアターのお客様 -藤本イサムさんご夫妻ー


藤本さんは、兵庫県和田山を拠点に、石、鉄、木、自然物などを使った木彫、石彫を中心に、海外でも活躍しておられる造形作家。
あしぶえ作品「セロ弾きのゴーシュ」の椅子なども藤本さんの作。
昨年は、「しいの実シアター未来学校」や、八雲中学校でのシアターの樹木プレートづくりでも講師をしていただきました。
気さくな人柄でお話を聞いているとワクワクしてきます。
奥様の満里子さんも、柿渋で染めたタペストリーやバッグをつくる作家。
柿渋の落ちついた色合いと、満里子さんの穏やかで優しい話しぶりに癒されます。
お二人は、新しくなったオフィスや明るくなったしいの実シアターのようすを早く見たいと、7月中旬、「やっと来ることができた。」とおっしゃっていました。


しいの実シアター花ごよみ

ツユクサ(露草)



7月中頃から咲き始めました。
染物の下絵にこの花の色素を使うそうです。
ツユクサの青は、紫味もなくホントに青!
早く梅雨が明けて、こんな真っ青な空が見たいですね。


〇ご支援をお願いします〇

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いくつもの事業が中止となり、チケット収入や補助金収入が大幅に減少します。

そこで、物販事業をSNS等でも紹介しながら、皆さんにご協力いただいております。

<メニュー>あしぶえせんべい(黒豆・蜂蜜)、くるくるレインボー、演劇祭Tシャツ、バッグ、このほか、おばちゃん味噌、藁漉き込み和紙など地元の特産品も販売中です。

<お問合せ>

TEL:0852-54-2400 担当:須山美玲

e-メール:ashibue@ashibue.jp