お知らせ

【 11/3 ・ 11/7 ブルガリアで「セロ弾きのゴーシュ」公演】

ブルガリアで開催される、在ブルガリア日本大使館主催「第 30 回日本文化月間」にあわせて行われる文化事業として「セロ弾きのゴーシュ」を上演することになりました。これは、日本・ブルガリア国交回復 60 周年記念の事業として開催されるものです。

「日本文化月間」は、1990 年から毎年 9 月~ 11 月にかけて開催されている伝統行事で、多くの市民に親しまれています。
公演後には、現地の観客や演劇活動者との意見交換の場もあり、島根とブルガリアの演劇交流を図ります。


これまで物語のながれにかかわる重要な部分には英語を交えて来ました。
今回は、英語の部分を現地の言葉に変え、ブルガリア語の字幕をつけることで、ブルガリアの子どもから大人まで家族でたのしめる作品となることを目指しています。
海外ではあまり知られていない宮沢賢治の代表作を、現地の言葉を取り入れて上演することで興味をもってもらえたらと考えています。




「セロ弾きのゴーシュ」

2019 年 11 月 3 日(日) 午後 7 時
シティーマークアートセンター(ソフィア)

2019 年 11 月 7 日(木) 午後 7 時
国立人形劇場ブルガス (ブルガス)

今回、初めて海外公演を経験する若いメンバーもいます。
今後の島根の文化振興をけん引できるように育ってほしいと願っています。


助成:公益信託しまね文化ファンド