あしぶえとは

あしぶえの年表

1966 年

(昭 41 )

・松江南高校の演劇同好会メンバーの園山土筆ら 20 歳を年長とする 4 人で「松江演劇同好グループ」(仮称)を結成。

1969 年

(昭 44 )

・正式名を、「劇団葦笛」とする。人形劇公演を始める。

・旗揚げ公演「私のかわいそうなマラート」の掲載広告をもらいに行き、「劇団なんてとんでもない ! 」と塩をまかれる。

1970 年

(昭 45 )

・園山土筆が夫の転勤で広島市へ。以後 24 年間、転勤先から通う。

・このような環境が他の劇団員にも影響して、広島、鳥取、岡山、金沢、埼玉、仁摩、大田など各地から団員が通うことになる。また、外からの目が養われていった。

・人形劇公演のほか、「俺たちは天使じゃない」を上演。

1978 年

(昭 53 )

・東京一極集中の演劇に疑問をもち、この年から全国各地で活躍している劇団、個人を訪ね、「地域演劇」を足で学ぶ。

・「野火」上演。

1979 年

(昭 54 )

・東北の中学生の生活を描いた「かげの砦」を上演。はじめて手話通訳を取り入れる。50 人ほどの聴覚障がいの人たちの発する声なき声が、他の 600 人の観客を引き込み、感動のうねりが広がる。広島からの観客が来場。

1980 年

(昭 55 )

・手話通訳を入れて「奇跡の人」を上演。鬼気せまる稽古のすえ、大成功間違いなしと思っていたが、照明の仕込みに手間取り散々な結果となり、スタッフ育成の必要性を痛感。広島、福岡の観客が来場。

1982 年

(昭 57 )

・劇団名を親しみやすい「あしぶえ」に変更。

・「かげの砦」広島公演。

1983 年

(昭 58 )

・この年、退団者が相次ぎ、たった 5 人に。「新生・あしぶえ」として劇団の運営方法を変え、サークル集団からの脱皮をはかって、基礎から学ぶことに。大作「狐とぶどう」に挑戦。松江、出雲市公演とも不本意な舞台となり、涙をのむ。しかし、広島、大阪、福岡の観客からは、将来に期待する声も。演出も美術プランも専門家に依頼した結果、プロから学ぶことの重要性を認識。創立 3 年目に塩をまかれて以来、試行錯誤し、その悔しさはいつしか、<演劇を認められるものにしたい>という<夢>に変わっていく。山陰の小都市で自分たちが専門的な知識を吸収していけば、やがては地域の演劇文化を担う役割が果たせるはず、と確信する。

1984 年

(昭 59 )

・「狐とぶどう」の失敗を教訓に、初めて小さな劇場( 250 席)で「キューポラのある街」の 4 回公演を企画。小劇場での観客との濃密な交流が生まれ、<演劇は観客とともに創るもの>とあらためて知る。

・「あしぶえ村構想」(後の劇場建設構想)を話し合う。広い土地を購入し、劇場などを造るというプランである。

1985 年

(昭 60 )

・「ブレーメンの音楽隊」の 5 公演を企画。チケットが飛ぶように売れ、親子連れで演劇を楽しむことが求められていることに気づく。松江、温泉津公演とも立ち見となる。

・将来の夢を買う積み立てとして団員が毎月出費して「もってけ貯金」を始める。以後、10 年 7 ヶ月、127 回続ける。

1986 年

(昭 61 )

・「ブレーメンの音楽隊」広島公演は大盛況。家族連れで観劇できる作品づくりの必要性を強く認識する。劇団始まって以来の黒字になる。これに加えて借金をし、200 万円で松江市砂子町の 12 坪の劇団事務所を改装して、客席 50 席の劇場を造る。照明、音響、幕類を完備した小劇場としては、中国地方で初めて。

・以後、<演劇を人々の暮らしの中へ>の活動が本格的に始まる。

1987 年

(昭 62 )

・「あしぶえ 50 人劇場」杮落し公演として園山土筆書き下ろしの「落ちこぼれの神様」を上演。以後、東京、広島、出雲市公演を行い、合計 37 ステージ上演。この作品は、福岡、大阪、名古屋、伊丹、鶴岡、和歌山、宇部、黒石、沖縄、豊中のそれぞれの劇団でも上演された。

1989 年

(平 1 )

・「あしぶえ 50 人劇場」第 2 弾として、宮沢賢治原作の「セロ弾きのゴーシュ」のロングラン公演がスタート。

1990 年

(平 2 )

・制作費用から、1 年間 46 ステージ上演を企画したが、「わからない」「つまらない」「おもしろくない」の声が多く、観客がたった 4 人のときも。しかし、公演回数に比例して観客の評価も良くなり、とうとう 46 ステージを完演し、日本アマチュア演劇史上初のことと報道される。この作品は以後、現在まで上演を継続している。

・観客は、東京から鹿児島まで広がっていく。

・「100 人劇場」の土地探しを始める。劇団名の葦にこだわって宍道湖のほとりを歩くが見つからず。

1991 年

(平 3 )

・平田市、玉湯町、宍道町、斐川町と探すが見つからず。

1992 年

(平 4 )

・八雲村の石倉徳章村長と出会う。その日のうちに平原地区の丘の上の土地を見せてもらい、「ここだ ! 」と決める。その後、安く購入したいと、村長室を訪ねるうち、「村で応援したいと思いますがどうですか」と言われる。あしぶえを信用してくださるようすを見て、受けることに。

・劇場の基本設計に参画。

・「おこんの初恋」上演。

1993 年

(平 5 )

・「島根県文化奨励賞」受賞。創立 26 年目にして、島根で演劇が認められたと皆で喜ぶ。島根県教育維持財団から活動資金を受ける。

・「第 8 回国民文化祭いわて 93 」で「セロ弾きのゴーシュ」上演。


1994 年

(平 6 )

・劇場の実施設計に参画。あしぶえも 3,000 万円を集めることになり、劇団員は積み立てのほかに一時金を準備し、家族や全国のファンの人たちにカンパを依頼。

・「セロ弾きのゴーシュ」をもって「第 2 回アメリカ国際地域演劇祭」に参加。初めての海外公演、初めてのコンテスト参加で、言葉の壁と文化の違いに阻まれ、大ハプニングの末、世界 11 ヶ国の劇団と競演し、思いがけなく最高賞の「第 1 席」、園山土筆が「演出賞」を、長見好高が「舞台美術賞」を受賞する。

・ウィスコンシン州の人口 9 万人の町で開催された国際演劇祭で、ホームスティを体験しながら、世界の演劇人と競演し交流することの意義を知る。「セロ弾きのゴーシュ」をじっと黙って観る日本人。笑い声を上げ、立ち上がって拍手するアメリカの人たち。観客を育てることも自分たちの仕事だと気づく。

・「地域文化功労者文部大臣表彰」を受賞。

1995 年

(平 7 )

・ 108 席の「しいの実シアター」が完成し、入村。

・オープン記念に西日本規模の「星降る里の演劇フェスティバル」を主管。全国 36 劇団のアマ、プロの演劇人が八雲村に集う。

・「全国初の公設民営の劇場」として注目される。

・中国新聞社から「中国文化賞」を受賞。山陰信販株式会社から「山陰信販地域文化賞」を受賞。いずれも、演劇団体の受賞は始めて。

・「阪神大震災」が起き、カンパ活動をしばらくストップする。

1996 年

(平 8 )

・劇団員の力の結集で、とうとう 3,000 万円が集まり、八雲村役場へ納める。

・園山土筆が、ソロプチミスト日本財団「社会貢献賞」を受賞。

・韓国の「劇団馬山日本公演」をプロデュース。

・「おこんの初恋」再演。


1997 年

(平 9 )

・サントリー文化財団「第 19 回サントリー地域文化賞」を受賞。

・「文化庁・文化のまちづくり事業」に申請し採択されれば、助成金を得てよい仕事ができることを知る。「演劇楽校」「シンポジウム」「しいの実シアター公演」「国内外公演」のほか、「国際演劇祭開催」のプランを練り上げ、村規模では全国で初めて認められる。ぜひとも採択されたいという思いで作成した盛りだくさんの企画。それからの 3 年間の活動がどんなに大変なことになるかは、あとになって気づく。

・新作「ブラボー ! ファーブル先生」ロングラン公演では、創立以来初めて、発売 10 日でチケットが売り切れた。

・毎日新聞社主催「毎日・地方自治大賞奨励賞」を八雲村が受賞。

1998 年

(平 10 )

・カナダ「リバプール国際演劇祭」で「セロ弾きのゴーシュ」を上演。感動的なラストシーンのあと観客総立ちの拍手を受けて 6 ヶ国 13 劇団の中から「観客が選ぶ作品賞」を受賞。ゴーシュ役の三木卓二が「主演男優賞」受賞。人口 3,000 人のリバプールで開催された国際演劇祭の運営は、ほとんどがボランティアスタッフの手づくりで、町の人たちが心から演劇を楽しんでいた。

・八雲中学校へ、月 1 回演劇クラブの講師として出かけ、4 年間継続。

・「演劇によるまちづくり国際シンポジウム」をプロデュース。

・しいの実シアターが「しまね景観賞一般建築部門優秀賞」受賞。

1999 年

(平 11 )

・地域住民、八雲村行政、劇団あしぶえの三者が一体となって、3 ヶ国 5 劇団参加の「99 八雲国際演劇祭」を開催。

・演劇祭の「開催目的」「活動の指針」をつくる。多文化社会の到来を予測して、住民・行政・劇団が対等に、プロセスを大切にして、ディスカッションを進めながら準備することで人づくり・まちづくりができることを確認し合い、「八雲国際演劇祭」は会期中の成功を目的とする「イベント」ではなく、演劇による長期のまちづくり活動であると示す。

・八雲中学校、八雲小学校への参加劇団員による学校訪問や学校公演も実施。完全無償ボランティア 276 名。国内外からの劇団員など 71 名は全てホームスティ。総経費 1,450 万円の演劇祭は、成功裡に終了。

・あしぶえと一般市民によるやくもアクターズが上演した「二十二夜待ち」が大好評。

2000 年

(平 12 )

・「セロ弾きのゴーシュ」が 10 年 5 ヶ月で、上演 100 回を迎え、合計 2 万人の人たちが観劇したのを記念して、「18 歳以下のこども料金の低額化」を決める。15 年間こども料金は、1,000 円を死守してきたが、500 円に値下げする。しかし、その後、子どもたちの観客数を上げることがどんなに困難なことかを知る。「全稽古公開」「アウトリーチ活動」開始。

・この年から、毎年 2 回、八雲小学校「ふるさとタイム演劇塾」を受け、「しいの実シアター」を使って読み合わせ・メーク・立稽古までの 3 時間コースの授業を始める。

・しいの実シアターの名誉館長に有馬稲子さんが就任。

・「リバプール国際演劇祭」と「八雲国際演劇祭」が姉妹提携を結ぶ。

・「演劇」と「教育」を結ぶ仕事として、「表現」「コミュニケーション」についての実践を本格的に。

・演劇祭のボランティアリーダーら 7 名がカナダ「リバプール国際演劇祭」に参加し、ホームスティを体験し、運営を学ぶ。

2001 年

(平 13 )

・ 5 ヶ国 7 劇団参加の「第 1 回八雲国際演劇祭」開催。総経費 2,600 万円。ボランティアスタッフ 314 名。ボランティアも観劇チケットを購入する姿が多く見受けられた。

・「二十二夜待ち」を創り直して再演。

2002 年

(平 14 )

・文化庁河合隼雄長官が「しいの実シアター」を視察。文化庁長官としては初。「アットホームな感じがすばらしく、あしぶえの活動や施設もとてもユニーク」と評価される。

・八雲小学校で、3 年生対象で年間 20 時間の表現授業「あしぶえタイム」がスタート。2015 年の現在まで 14 年間継続。

・島根県内の劇団 11 団体の協議体として「島根演劇ネット」を設立。

2003 年

(平 15 )

・カナダのハリファックスで開催された「2003 世界演劇会議とフェスティバル」に「セロ弾きのゴーシュ」をもって参加。「視覚的舞台表現最優秀賞」を受賞。

・国際交流基金「地域交流振興賞」(現・「地球市民賞」)を受賞。

2004 年

(平 16 )

・ 11 月に「第 2 回八雲国際演劇祭」を開催。世界 31 ヶ国 43 劇団から参加の問い合わせ。応募 13 劇団の中から、8 ヶ国 9 劇団を選ぶ。オブザーバーを合わせると 11 ヶ国参加の演劇祭となる。中学生ボランティアスタッフ 41 名も参加。

・演劇祭が島根ふれあい環境財団 21 から「島根県ふるさとづくり賞優秀賞」受賞。

・「彦市ばなし」上演。

・演劇祭のボランティアリーダーらがスキルアップを図るため、フィンランドの「クーサンコスキー国際子ども演劇祭」に参加。

2005 年

(平 17 )

・ 3 月 31 日、八雲村は合併して松江市となる。

・ 12 月、法人認定を受け、「特定非営利活動法人あしぶえ」となる。

・「彦市ばなし」再演。

2006 年

(平 18 )

・演劇祭実行委員会が「島根県文化奨励賞」、国土交通省・地域づくり表彰「国土交通大臣賞」受賞。

・「ブラボー ! ファーブル先生」再演。

・「彦市ばなし」再演。

2007 年

(平 19 )

・松江市となって初めての演劇祭、「第 3 回八雲国際演劇祭」開催。世界 40 ヶ国 81 劇団からの問い合わせがあり、9 ヶ国 10 劇団が上演。

・ NPO 法人あしぶえがしいの実シアターの指定管理者となる。

・カナダ「バンクーバー国際チルドレンフェスティバル」視察。

・演劇祭実行委員会が総務省「地域づくり総務大臣表彰国際化部門」受賞。

2008 年

(平 20 )

・ JA くにびきから 15 周年を記念して「地域活動支援金」を受ける。

・第 6 回島根県民文化祭出雲ステージで「セロ弾きのゴーシュ」上演。

・「おこんの初恋」再演。

2009 年

(平 21 )

・中国ろうきん寄付システム 2008 年度贈呈式にて支援金を受ける

・ NHK ラジオ「おはよう中国」に園山土筆が出演。以後毎月 1 回 3 年間務める。

・しいの実シアターが財団法人地域創造から「JAFRA アワード (総務大臣賞)」受賞。

2010 年

(平 22 )

・演劇祭のボランティアリーダーらが「沖縄キジムナーフェスタ」に参加。運営を学ぶ。

・「第 4 回八雲国際演劇祭」開催。「3 歳から楽しめる演劇祭」を目指す。

2011 年

(平 23 )

・ 3 月 11 日、東日本大震災起こる。

・ 4 月、チャリティコンサート開催。

・ 12 月 4 日で創立 45 周年となる。

・「セロ弾きのゴーシュ」が上演 150 回を数えた。


2012 年

(平 24 )

・「あしぶえ 20 年計画」の作成スタート。