劇団あしぶえ初の学校公演で、大田市久手小学校に行ってまいりました!
上演作品は「セロ弾きのゴーシュ」。

学校公演


抽象化が進んで、日英混合台本になったゴーシュですが、
今回また学校公演用の演出で稽古し、臨みました。

(↓ナレーション入りです!)

学校公演

学校公演


客席には、久手小学校の子どもたち、また近くの学校の5、6年生、地域の方々も大勢集まり、
約350名を超える大変多くの方に観ていただきました!

学校公演


上演が終わると、次々に子どもたちの手が上がり、一人ずつ丁寧に感想を伝えてくれました。
6年生はほとんど全員ではないかというほど、多くの子たちが発表してくれて、

「動物たちとのふれあいでゴーシュの心がやさしくなっていくのがわかった!」

「舞台を近くで観られて面白かった!」

「中学校になっても、ゴーシュみたいに最後までやり抜こうと思う!」

等、嬉しい感想を直接聞くことができ、劇団員一同、大変良い刺激をもらって帰ってきました。

学校公演

初めての学校公演でしたが、多くの方々のご協力で、子どもたちに生の舞台体験を届けることができ、
大変うれしく思っています。

(↓最後は、ハイタッチでお見送り!)

学校公演

学校公演

校長先生はじめ、久手小の先生方や、今回助成金をだしてくださった株式会社丸三様、また、事前に子どもたちにゴーシュの読み聞かせをしてくださったダンボの会の皆様、そしていつもあしぶえを応援くださっている方々、スタッフの皆様、本当にありがとうございました! また、多くの子どもたちに「こころの食べもの」を届けられるよう頑張りたいと思います!!

 

学校公演