お知らせ

「セロ弾きのゴーシュ」稽古場潜入 !

 
あしぶえ創立 50 周年記念公演「セロ弾きのゴーシュ」稽古と準備の様子をご紹介。
こんにちは !
スタッフ前村晴奈です。
今回は、あしぶえ創立 50 周年記念公演「セロ弾きのゴーシュ」の稽古や準備の様子をご紹介します !

This time we will show you the theatre lessons, reharsals and preparations for “Gauche the Cellist”, Ashibue’s 50th anniversary performance.

初演から 27 年、深化を求め続けた代表作。
ゴーシュも 5 代目になりました。
今年は、初の女性ゴーシュで挑みます !!

It was 27 years ago that our best known and challenging work saw its first performance.
The main character Gauche will be played this year by Yumi Matsuura, the 5th actor and our first woman for the role.


さて、稽古場に潜入 !


こちらは、楽手シーンの稽古中。
ラストの合唱シーンにはとっても力を入れています …!!


Here the actors rehearse a scene of the orchestral performance.
A lot of energy and sensitivity has gone into the last chorus scene.

大事なのは、「ブレス」。
周りと呼吸を合わせること。

この作品の作曲をしてくださった斉藤浩さんが教えてくださいました !

The important thing is “breath”, synchronizing the breathing with in the chorus.
Mr. Hiroshi Saito, the composer of this piece, has told us so.


全員の呼吸をピタっと合わせて、劇場の空気全体をふるわせる。
今年はどんなクライマックスになるのでしょうか …!
ぜひ体感しにいらしてください !

As all the actors synchronize their breath and the atmosphere in the theatre reverberates.
What sort of a climax scene will be created this year?
Please do come to experience this together!

そして、準備しているのはキャストだけではありません …!
先日、楽長とかっこうの衣装の仮縫いをしました。

Preparetaions are done not only by the casts, also background staffs.
Costumes for the “Kapellmeister” and the “Cuckoo Bird” was tucked just the other day.

今年の衣装は、出雲キルト美術館 の、八幡垣睦子氏と八幡垣志保氏に製作していただいています。


楽長の衣装、サマーウールという生地を使っているそうで、
上質でクラシカルな楽長のイメージぴったりです !

Ms. Mutsuko Yawatagaki and Ms. Shiho Yawatagaki from the Izumo Museum of Quilt Art created this year’s costume for us.
The costume of the “Kapellmeister” is made from the textile “summer wool”.
It’s a material of classic and good quolity that fits well with the image of the Kapellmeister.


続いて、かっこう。


実は、かっこうの衣装がいちばん難しいのだとおっしゃっていました。
何枚もの布が折り重なって、かっこうの雰囲気が出ています。
後ろのプリーツが素敵で、こちらも仕上がりがとっても楽しみです !

Next is the “Cuckoo Bird”.
Ms. Yawatagaki says that this costume was the most difficult to make.
Piece of the clothes are gathered to make the Cuckoo Bird’s feathers.
Back pleats is so nice, that the finished work is much expected.

そして、実は、稽古はすべて無料で公開しております !!!
本番のステージを観る前にぜひ公開稽古を覗きに来ませんか ?
どのように作品が創られていくのか、キャスト、スタッフの変化、
様々な動きを見ることができると思います。

The theatre rehearsals are open to the public at no charge.
We urge you to come enjoy the open rehearsals before watching the actual peformance.
You can see the creation process of the piece, changing casts and staffs and various movements.


稽古予定はこちらからどうぞ。
カレンダー

しいの実シアターでお待ちしております !

以上、前村晴奈でした☆彡