お知らせ

かやぶきの屋根の下

 
かやぶきレストラン準備
私は 9 月 18 日に「かやぶきレストラン」にお邪魔しました。「かやぶきレストラン」はしいの実シアターから歩いて 5 分ほど歩いた場所にある「かやぶき交流館」で行われる催しです。「森の小さな演劇祭」の期間中はレストランとして一般の人に利用してもらうのです。
こんにちは。
今回のページも清山が書いていきたいと思います。


私は 9 月 18 日に「かやぶきレストラン」にお邪魔しました。
「かやぶきレストラン」はしいの実シアターから歩いて 5 分ほど歩いた場所にある「かやぶき交流館」で行われる催しです。
「森の小さな演劇祭」の期間中はレストランとして一般の人に利用してもらうのです。

このかやぶきの建物はもともと木次にあったのですが、尾原ダムが建設されるときにこの建物を残そうと考えた人たちによって、現在の場所に移築されたそうです。

私がうかがったとき交流館の中ではスタッフさんやボランティアさんが作業しておられました。
この日は午前中や午後に激しく雨が降るときがあって作業を進めることが難しい時がありました。
しかし既に飲食スペースや入口はきれいにセッティングされていて、次の日のオープンがとても楽しみになりました。

かやぶきの屋根の下|森の劇場しいの実シアター 劇団あしぶえ
そして私は 19 日、オープン初日に伺ってみました。室内にはリンゴのモチーフが置かれていてとてもおしゃれな雰囲気でした。
手打ちそばや山菜おこわなどの昼食メニューから無農薬栽培のリンゴやカレーパンなどの販売もされていました。
多くのお客さんが利用されており繁盛しているようでした。

森の小さな演劇祭が終わったら、10/1 から、じゅうたん展が始まるそうですので、ぜひ、足をお運びください。

今回はこのあたりで失礼します。
以上、清山郁美でした。